ママチャリで行く!支笏湖サイクリングロードの旅

このサイトについての説明を入力します。

CIMG0518.JPG

支笏湖ってどんなところ?

支笏湖は北海道千歳市に位置し、日本最北の不凍湖として知られている。

透明度は全国でNo.1(水の色は支笏ブルーと呼ばれる)、水深は田沢湖に次いでNo.2、貯水量は琵琶湖に次いでNo.2の湖である。

春夏秋冬で様々な特徴があり、多くの観光客が訪れる、千歳市の観光名所の一つとして知られている。

千歳市中心街からスターーーーート!

JR千歳駅を背に、駅前通りをひたすら進むことで、支笏湖への専用サイクリングロードへと繋がります。

中心街は車通りも多いので、運転の際には細心の注意を払ってくださいね。

それでは、自然や支笏湖を楽しみにいざ、しゅっっっぱーーつ。

CIMG0539.JPG

CIMG0473.JPG

サイクリングロードへの道のり

専用のサイクリングロードまでは約4kmあります。それまでは、さほど坂道もなくすんなりと進むことができます。

街中を過ぎると、サイクリングロードへの道に合わせて幅が広い歩道になっていますので、走りやすい造りになっているのが嬉しいところです。

サイクリングロードに入る前からすでに、左右には自然が広がっています。

名水ふれあい公園で水を補給

街中を過ぎてほどなくすると、左手に右の写真のような看板が見えてきます。

これが、名水ふれあい公園です。環境庁の「名水百選」にも選ばれた、おいしい水を汲むことができます。

ちょっと小休憩がてら、水を補給していくのもいいでしょう。>>>LinkIcon詳細はこちら

CIMG0567.JPG

CIMG0478.JPG

いよいよサイクリングロードへ突入します!

名水ふれあい公園を過ぎ少しすると、左の写真のように右に曲がる道が見えてきます。

そこを曲がるといよいよ、支笏湖サイクリングロードへ突入します!!

今まで通ってきた道道16号線とは多少離れて、自転車・歩行者専用のサイクリングロードとなります。

ここに入らず、16号線でも支笏湖畔に辿りつくことができますが、路肩の距離が狭いため危険性が高いので、サイクリングロードを通ることがお薦めします。

スタート地点はこんな感じです!

車くらいの速度ですと、見落としてしまいがちな通路の入り口ですが、自転車ですとそれほど分かりにくい感じではないと思います。

ですが、地味な標識があるだけで、それほど目立つような入り口ではないということは知っておいた方がいいかもしれません。

ということで、ここから支笏湖サイクリングロードが始まります。

CIMG0480.JPG

CIMG0482.JPG

ち…注意します…

サイクリングロードへ突入後すぐに、こんな恐ろしい警告標識がありました……。

熊…出没するようです…。

たしかに、森の中を走ることになるのですから注意が必要なのでしょう。なるべくみんなでわいわいと騒ぎ、楽しみながら進みたいですね~。

右も左も大自然。専用サイクリングロード!

爽快です!

右も左も大自然を満喫できるのですから!

舗装はお世辞にもキレイとはいえませんが、自転車で颯爽と走るだけでテンションが上がってきますね~。

CIMG0483.JPG

CIMG0487.JPG

釣りやカヌーができる川を横目に走る。

川に沿ってサイクリングロードが作られたようです。

ここでは、カヌーや泳ぎ、キャンプを楽しんでいる人が多く見られました。

ここでも小休止して水と戯れてきましたが、水が冷たくて気持ち良かったです!!

さけのふれあい広場で一休み

途中で、さけのふれあい広場が見えてきます。ここでは、鮭の稚魚をふ化させて、川に放流する事業が行われており、その方法などを公開しています。

ちなにみ、千歳川には毎年数多くの鮭が産卵のために海からやってきます。>>>LinkIcon詳細かこちら

CIMG0489.JPG

CIMG0490.JPG

秋に是非とも来てみたいです

さけの里ふれあい広場近辺には、このような並木道があります。

真上まで木の葉が覆いかぶさっており、紅葉の季節も楽しみに来たいな~と思わされるほどでした。

なだらかに続く坂道で、太ももが張ってくるのを我慢しつつ、自然を楽しんできました(笑)

道道16号線に合流

一時、道道16号線に合流します。

ここまで来ると結構街から離れていますので、観光バスや車の人も見てくる人が多くなります。

結構長い距離を自転車で来ているんだなぁ~と思われているのでしょうかね~。

CIMG0491.JPG

CIMG0503.JPG

出口の表記が出てきました~

一時合流した道道16号線から離れ、進むこと数km。

左の写真のような標識が見えてきます。そこには出口の表記があり、目的地が近いことをうかがわせてくれます。

左へ行っても支笏湖へは辿りつけますが、道道上を走らなくてはいけなくなる(路肩はかなり狭い)ので、多少遠回になってしまいますが、直進してサイクリングロードを走りましょう。

支笏湖畔の表記が見えてきます

お疲れさまでした!

ここで専用のサイクリングロードは終わります。標識に従って右折し、道道16号線に合流しましょう。

あとわずかで目的地である支笏湖に到着です!!  とはいっても、これからは坂道が待っているんですけどね…。

CIMG0507.JPG

CIMG0511.JPG

樽前山を横目に、きつい坂道を登ります

立ちこぎでなんとかなる程度の坂道ではありますが、結構長くその状態が続きます。

これまでの道中の疲労度があるので、なかなか足腰に堪える箇所です。

しかし、ここを越えますとお待ちかねの目的地到着となりますので、力を振り絞って登り切りましょー。

坂を下って、遂にゴール地点へ!!!

おめでとうございます!!

今まで登ってきた坂が下りになってきたらいよいよゴールは近いです。ここまで来たらあとは下りに身を任せて進むだけです!

ほどなくして、左手に支笏湖や、支笏湖畔の駐車場が見えてきます。湖畔の駐車場へ入り、駐輪場へ自転車を停めましょう。

長い道のりで疲れた体を休めて、観光を楽しみましょう!!!

~最後に~

途中の休みも含めて、千歳市街⇒支笏湖畔で約3時間程度(25km)、帰りはほとんど下り坂が続くため約1.5時間くらいかかります。

ご訪問の際はこれくらいの所要時間を考慮しての計画をお薦めします。



■北海道外からお越しの方への情報サイト
新千歳空港から札幌駅へダイレクトで行きたいという方に最適なサイト。車以外の移動手段との比較もできます。

CIMG0515.JPG